ゆったり・広々ジャンボタクシーでワンランク上の旅をエスコートいたします。

さっぽろ羊ヶ丘展望台(札幌市)

さっぽろ羊ヶ丘展望台

北海道らしい牧歌的な風景と羊が草を食む風景は心を癒やしてくれます。また札幌ドームも一望でき
地平線をも楽しむことができます。

白い恋人パーク(札幌市)

白い恋人パーク

中庭のローズガーデンは夏に見頃を迎え、からくり時計塔の演出は動物たちがパレードを繰り広げる、また白い恋人製造ラインの見学もできます。
お菓子作り体験工房が子供に人気です。

http://www.shiroikoibitopark.jp/

大倉山ジャンプ競技場(札幌市)

彼方、地平線まで望む大倉山は1972年冬季オリンピック札幌大会が開催されました。
眼下には都市札幌その先には、石狩平野や石狩湾はるか遠くの山々までもが一望できる場所です。

小樽

小樽 鰊御殿

明治時代~大正時代
小樽は天然の良い港という環境によって、国際的な技術を導入することができました。

おかげで北海道ーの寄港地となり北海道全域に流通される商品の倉庫の役割を果たしてきました。

また北前船の寄港地として、北海道の商業基地になって行きました。
小樽は石炭の積出港という位置づけも加わり港が整備され従って、北海道開拓の玄関口という位置を確保していきます。

北海道の2大供給源である、石炭は官営財閥、練は民営で主役は小樽商人だったと言えます。

小樽は人材と国費と民間資金を吸い寄せる商業と金融の一大拠点に発展していきました。

また小樽商人たちの寄付によって作られた物がたくさんあります。
歴史的建造物や学校や道・石垣など都市基盤整備をおこなってきました。

現在の小樽に行くと 100年前の物語が聞こえて来そうです。

余市ニッカウイスキー工場(余市町)

ニッカウヰスキー(余市)

北海道・余市の豊かな自然がおいしいウイスキーを産みます。

日本で本物のウイスキーをつくりたい果てしない夢に生涯を捧げた創業者竹鶴政孝
1934年(昭和9年)創業、
妥協することなく夢を追い続けたリタと二人の想いと情熱は今もウイスキーづくりに受け継がれています。

NHKの連続テレビ小説マッサンのロケ地になった
人気の場所です。

積丹

6月中~8月15日位までは、地元漁師の生うに丼が味わえます。
おすすめです。

神威岬(積丹町)

神威岬

神威岩伝説

奥州・平泉から秘かに逃れた源義経は平取の酋長の娘・チャレンカと恋中になります。

しかし義経は弁慶と北へ向かって旅立ち後を追ってチャレンカも神威岬までたどり着きます。

ところが義経一行は既に出帆してしまいチャレンカが大声で叫んでも折からの強風にかき消されて届きません。

悲しみにくれたチャレンカは、和人の船、婦女を乗せてここを過ぐればすなわち転覆せん、という言葉を残して海に身を投げてしまいました。

その姿がやがて岩と化したと言い伝えられているのが神威岩です。

以来、女性を乗せた船がこの沖を過ぎようとすると必ず転覆したため神威岬はかつて女人禁制の地となってしまいました。
日本海で最大の難所といわれています。

富良野

富良野

1800 mから2000m級の山々が、連なる雄大な十勝岳連峰の西側、北海道のほぼ真ん中に位置しているところから【へその街】としても有名です。

5市町からなる富良野エリアは、北海道の中でも近年トップクラスに挙げられる観光客に人気の場所となってきています。

特に【ラベンダー】の花が咲く7月中旬~8月上旬にかけてはたいへん賑わいます。

また北海道でも有数の農業地帯で波状に連なる畑は、植え付ける作物の違いからさまざまな色に区切られ、四季折々・壮大な風景画を見せてくれます。

風のガーデン・ニングルテラス(富良野市)

テレビドラマの舞台となった美しい庭園です。
花の香りや風を感じながら、ゆったりとした時を過ごせます。

麓郷の森(富良野市)

作家・倉本聡の作、主演・田中邦衛で高視聴率をあげたTVドラマ【北の国から】(昭和56年10月9日 第l回放映)の舞台となった森。

ドラマの初編で撮影に利用され舞台となった「初代五郎の家」
ドラマ中に建築された本格的な丸太小屋の家がそのまま残されており、内部も見ることができます。

(写真は「五郎の石の家」)麓郷の森

旭山動物園(旭川市)

旭山動物園

北海道の人気観光スポットの旭川市にある日本最北の動物園。

動物たちの自然な行動・生活を見ることができたり、アイデア溢れるイベントで、何度来ても楽しい動物園です。

住所 〒078-8205
北海道旭川市東旭川町倉沼
営業時間 時期により変動します。詳しくは公式サイトへ
休園日 年末年始、4月中旬、11月上旬(詳しくは公式サイトへ
入園料 大人:820円
小人(中学生以下):無料
など(団体割、年会パスポート有り)
駐車場 700台
TEL 0166-36-1104
ウェブサイト http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/

登別温泉(登別市)

登別

標高 ~ 200mの位置にある東洋一の温泉街です。

安政5年(1858年)硫黄を採掘していた近江(現在の滋賀県)の商人、岡田半兵衛が発見し湯治人止宿小屋(共同浴場)を造り、すぐ後に湯守となった滝本金蔵が、私費で 温泉までの道路を開削し湯屋〈温泉旅館)を経営したのが始まりです。

滝本金蔵さんという人は、妻の左多さんと共に埼玉県からエゾ地(現在の北海道)を開拓する為、幌別に入植していました。

しかし夫婦共に皮膚病にかかり困っていたところ、アイヌの人から登別の山奥に湧き出るお湯がよく効くと教えられて、早々この湯に入り湯治を続けているうちに皮膚病も治り、温泉の効能に深い関心を持った滝本さんは岡田さんが退いた後、これを引き継ぎ温泉旅館の経営を始めました。

その頃は露天風呂に屋根をかけただけの掘っ立て小屋だったそうですが、今では近代的な高級ホテル・旅館が建ち並び全国にその名が知られる温泉観光地となりました。

 

大湯沼(登別)

約周囲1キロ・深さ22m・ひょうたん型の沼です。
沼底は約130 の高温です。

大沼国定公園(大沼町)

大沼公園

駒ヶ岳を中央に、大沼・小沼・じゅんさい沼の3つの沼が有り、
公園には大小126もの小島が浮かび、自然豊かな雄大な景色が人気です。
100年以上の歴史のある、大沼だんごは名産品です。すごく美味しいです。

五稜郭公園(函館市)

我が国最初の、西洋式星形要塞で国の特別史跡に指定されております。
戊辰戦争最後の、戦いの舞台となったところです。
特に春は花見の名所と、なっております。

函館山の夜景(函館市)

世界3大夜景に数えられています。

ナポリ・香港・函館山

日が落ちる少し前に、展望台に着いて夜の輝きを観てください。
両側に見える海と街の輝きが、魔法の宝石を散りばめた様な輝きです。

立待岬(函館市)

天気の良い日には、下北半島を望むことができ、
また夜には津軽海峡上のイカ釣り漁船の漁火が見られるロマンチックな場所です。

観光スポットから探す