神威岬

神威岩伝説

奥州・平泉から秘かに逃れた源義経は平取の酋長の娘・チャレンカと恋中になります。

しかし義経は弁慶と北へ向かって旅立ち後を追ってチャレンカも神威岬までたどり着きます。

ところが義経一行は既に出帆してしまいチャレンカが大声で叫んでも折からの強風にかき消されて届きません。

悲しみにくれたチャレンカは、和人の船、婦女を乗せてここを過ぐればすなわち転覆せん、という言葉を残して海に身を投げてしまいました。

その姿がやがて岩と化したと言い伝えられているのが神威岩です。

以来、女性を乗せた船がこの沖を過ぎようとすると必ず転覆したため神威岬はかつて女人禁制の地となってしまいました。
日本海で最大の難所といわれています。

観光コース/ブログ

お申し込み・ご相談はWEBで受け付けております。

観光スポットから探す